外国人の印鑑

外国人イメージ

外国人の方で、日本にある程度住む事になれば、銀行口座を開設したい場合、自動車、不動産の売買、遺産相続、携帯電話の契約など、何かと印鑑が必要になる場面があるかと思います。

サインやパスポートなどでなんとかなる事もあると思いますが無いよりはあった方が便利です。
外国では、サインをする文化なので、印鑑の文化自体あまり馴染みのない行為だと思われます。
韓国には印鑑があるみたいですが。

認印も、そこらへんには売っていませんので、作る事になるでしょう。実印を作る時は、日本人同様、印鑑登録が必要です。

まず、外国人登録をしている役所で交付してもらいます。実印登録しようとしている印鑑を持参します。
この時、印鑑に彫る名前ですが、外国の名前は、ファーストネーム、ミドルネーム、ファミリーネームと長いですよね、登録する名前は、外国人登録原票により、名前の氏だけ、名だけなど何が使えるか変わりますし、通称名や、役所によっても様々なので、印鑑を作る前に確認した方がいいです。

オンラインショップがある印鑑サイトでは、外国人や、お土産用に英文も載っているサイトもありました。

自分用、お土産用にする時の印鑑の素材ですが、象牙(ぞうげ)や水牛は動物の角ですので、宗教、文化、ライフスタイルによっては避けた方が無難かもしれません。
その場合には、木材(柘、楓、彩樺、玄武、アグニ)、石(水晶、)、アクリル素材で和柄の和紙入り印鑑などが良いかと思います。

〔日本だけの印鑑の文化〕

引用:

私達日本人の頭の中には、文書には印鑑が押されているのが当然という考えがあります。
印鑑がないと、効力がなく重要なものじゃないと判断しがちです。

リンク先:印鑑を持つ文化

ページの先頭へ