印鑑の使い分け

認印イメージ

あなたは何種類の印鑑を持っていますか?個数は関係ありません。
シャチハタ(正式にはXスタンパー)、三文判、実印、銀行印があるととても理想的です。
それぞれの違いがわかりますか?

まず、シャチハタと呼ばれる印鑑は、押印すると中から液が出てきて朱肉要らずの便利な印鑑です。
つまりそれ以外の朱肉を付けて使うタイプの認印が三文判です。
「シャチハタ以外の認印でお願いします」と言われたら朱肉と三文判で押印すればいいわけです。

そして買えない印鑑であるのは実印です。なぜなら実印は役所で印鑑証明書を交付し、印鑑登録が必要だからです。
なぜそんな手間をかけないと実印を持てないのかというと、契約や大きな買い物、遺言書など、実印を押印する場面はかなり事が大きいです。

よって気軽に使える認印(シャチハタや三文判)より第三者が認めたという信頼の証明があるからです。
他には、シャチハタなどゴム印は柔らかい為印影が鮮明ではないのも理由です。

また、偽造を防ぐため実印は作ってもらう方がいいです。
書体も、認印は、名前が読みやすい方が好まれますが、実印なら、複雑な難しい書体の方がより偽造しにくいでしょう。

そして銀行印と実印を一緒の印鑑で代用する人もいますが、お金の関わることですし、盗難、紛失、偽造があった場合に備えるなら、使い分けをした方がよりリスクは低いです。

注意すべき事は、実印も認印も法的効力は同じという事です。
登録なしの安い認印を使うときも責任を持って押印しましょう。

印鑑で締結する社会、日本

引用:

外国は契約の書面にはサインをして契約を締結しますが、日本は印鑑社会のため、契約を結ぶ際には印鑑を捺印します。
その中でも実印と呼ばれるハンコ(印鑑)は、「本人であること」の証明として市区町村役所に登録したハンコ(印鑑)のことをいいます。
個人が使うハンコ(印鑑)の中では最も重要なハンコ(印鑑)が実印ですが、このハンコ(印鑑)は一生ものなので、一度でも作ると再び作るという事はほぼ無いでしょう。

リンク先:印鑑社会の日本

ページの先頭へ