こだわりの素材でつくる

認印イメージ

印鑑の素材には様々なものがありますが、見た目の美しさだけではなく、長く使う事を考えると、耐久性も大事になってきます。

代表的なものは、象牙(ぞうげ)、水牛、柘(つげ)などでしょう。象牙は高価ですが、硬さがあります。
その為落としてしまうと欠けやすいので大切に扱いましょう。

水牛は大体オランダ水牛か黒水牛が多いと思います。
乾燥しやすい特徴があるのでお手入れは、植物性のオイルを軽く馴染ませると良いでしょう。

柘は、象牙や水牛よりは柔らかく、樹木のなかでは強度があり、長く使えるものです。

他には琥珀(こはく)、楓、アグニ、彩樺(さいか)、チタンなど。
どの印鑑にしても使用後は朱肉を拭き取る事、ケースで保管する事が大事です。そして長くは使えても、永遠ではないです。

認印も実印も法的効力は同じなので、買ってきた物よりオーダーした物の方が自分だけの印鑑として偽造なども防げます。
また、実印と銀行印を一つで済ます事も出来ますが、紛失、盗難、偽造などもあるかもしれませんし、その後の手続きの事を考えるとリスクを分担する為、分ける方が賢明でしょう。

もちろん印鑑、通帳、印鑑証明書、保険証、身分証明書などを一緒に保管しない事も気を付けましょう。
まとめて盗まれたら大変です。一緒に入れておいたポーチをどこに置いたか忘れる事もあるかもしれません。

実印、認印などを作る時は、自分のこだわりの素材、書体でじっくり時間をかけて作るのも愛着が湧くかもしれません。

〔卒業式でもらった印〕

引用:

中学卒業記念の印鑑は、実印になるような立派なものではありませんでした。
せいぜい認め印として使えるようなものです。
社会人になり、職場で使い、宅急便を受け取る時に使い、色々な場面で中学卒業記念の印鑑を使い続けてきました。
それは、私が結婚し、姓を変えるまで続いたのです。

リンク先:印鑑は卒業記念

ページの先頭へ