個性を主張する認印

認印イメージ

最近、新しい世界を知りました。
それは印鑑の世界です。普通ですか?あの、宅配便に、書類に使うあの認印の事です。

今まで印鑑の事は興味を持つ事もなく、それ故に、常識的な知識も全くありませんでした。
しかし、今私は、一般人より判子に詳しいかもしれません。

認印は、実印と違い、誰でも印鑑証明書無しで買える印鑑で、なかには面白い物も沢山あり、認印にはほぼ問題無いそうです。

例えば、猫、兎、鳥、魚など動物や、モアイ、はにわ、カッパなどバラエティに富んでいます。
認印として使わない場合でも、年賀状や絵葉書に、自分のマークとして押してあるのも自分だけのオリジナルな感じがしていいです。

そもそも印鑑とは、「自分である証明」をする為であり、他人と被ってしまうと困ります。
世界に一つだけの印鑑であれば自分だけの意思確認として使えます。

その点実印は、印鑑登録を役所で交付してもらう為、「自分は公的な第三者に保証されている」という信頼があるので、大きな額の買い物や契約に使われます。

では、認印は使用出来て、シャチハタは不可となっている場合は、三文判(朱肉を付けて使うタイプの印鑑)を使う事になりますが、なぜでしょうか。
その理由が、シャチハタは素材がゴムで出来ている為、柔らかく、印影が変形してしまう可能性があり、はっきりと判断しにくい為です。

印鑑はTPOに応じて使い分け出来るように実印、認印(三文判、シャチハタ)銀行印を用意しましょう。

〔印材選びにも注意が必要〕

引用:

印鑑の大きさや使いみちによって厳格な決まりはないそうです。
ですから、実印として認印用の印鑑で印鑑登録させることも可能ですが、認印、銀行印、実印を同じ印鑑で使いまわすのは防犯上危険です。

リンク先:印鑑作成の注意点

ページの先頭へ